くまちょむが連鎖研究に使うシミュレーター

5月 20, 2020

くまちょむが動画配信の中で使ってたぷよぷよシミュレーター。

DDTぷよぷよシミュレーター
ソースコード

どうも、作者の4研DDTです。なんとか古いHDDからソースコードを発掘できたんですが、Visual C++4.0用に書いたものをそのままVisual Studio 2019に持っていったら赤い波線が山ほど出てきました。

スポンサーリンク

使用許可なんてないよ

先日のぷよカップ大阪大会でくまちょむと雑談してるときに、このシミュレーターの話が出ました。

くまちょむ

DDTさんのシミュレーターを自分の動画配信で使いたいんだけど、いいですか? 一応使用許可を取っておこうと思って。

ぼく

えっ、別にいいけど、何で僕のシミュレーターなん? 20年以上前のやつだよ? 今では他のいろんな人がもっと高性能なシミュレーターを作ってるし。

くまちょむ

確かに他にもシミュレーターはたくさんあるけど、DDTさんのやつが一番使いやすいんですよ。連鎖を研究するために必要な機能が揃ってて、今でもずっと使ってるし。確かに古いから、いろいろ改良点はあるけど。

ぼく

ほへー。自分で言うのもアレだけど、何がイイのかよくわからんよ。っていうか、公開してたレンタルサーバーはサービス終了になったし、よくそんな古いのを持ってたね。

動画配信にシミュレーターの画面を表示するだけだったら使用許可も何も無いのに。っていうか20年以上前だから時効じゃね? そこんところをきっちり筋を通してくるとは、律儀な奴だぜ、くまちょむって男はよォ。

まぁそんなやりとりがあったので、最近くまちょむの動画配信にシミュレーターの画面が出てくるようになったわけですね。

連鎖の研究

確かに僕自身、いろいろな連鎖の形と手順を煮詰めていくために、どうしても紙と鉛筆だけでは足りないってことで、シミュレーターを作りました。ほとんど階段積みしか知らなかった僕にとって、いろいろな形を自分のモノとするためにこのシミュレーターは大いに役に立ったと思います。

くまちょむは昔からそういう「土台手順の研究」が好きなところがあって、どの形で構えれば10種類のツモを全て捌くことができるか、ちぎりの発生を最小限に抑えるにはどうしたらいいか、などなどを常に全パターン列挙して確率的に考察するのが好きなようでした。

「この場面でこのツモが来たら、どこに置くべきか?」っていう、いわゆる「次の1手」をくまちょむからマンツーマンで指導を受けたこともあります。が、答えを聞いても、僕にとっては何がイイのか全然わからず、「いや、でもこっちのほうがいいんじゃない?」などとよく反発したものです。

そんなやりとりをしてたのももう15年前とかそのくらい昔のこと。2020年のぷよというのはもっと違う次元で戦術を考察しないといけないと思ってた折、くまちょむから「今でもシミュレーター使ってる」との話。あの奇怪な土台が破綻せずに組めているのも、全ツモパターンを研究しつくしたからなのでしょう。

奇怪な土台
奇怪な土台

DDTぷよぷよシミュレーター

DDTぷよぷよシミュレーター

Visual C++のMFCで作っているので、メニューとかツールバーとかステータスバーの雰囲気がまさにMFCです。

ちょうど僕のプログラミング遍歴の記事で、これが世界初のぷよぷよシミュレーターだとか書きましたが、同時期に僕の知らないところで似たようなものを作っていた人が居たらしく、そのあたりの「どれが最初か」というのは微妙なところです。

まぁとにかく、他に参考にするものも無い状態で自分のアイデアだけで作ったのですが、なかなかいい感じの発想だったと思います。シミュレーターは3つのモードに分かれていて、

  • ビューワー・・・記録したぷよ譜を再生する
  • エディター・・・フィールドのぷよ配置やツモパターンを自由に作成できる
  • シミュレーター・・・エディターで作ったツモパターンを使って、実際にぷよを操作する

というモードを(現在状態を保ったまま)相互に行き来できるようにしています。自分自身、そのような機能があれば連鎖や手順の研究に役に立つだろうと思って。

最近の、他の人が作った高性能なシミュレーターも、大体似たような構成になっているんじゃないでしょうか。誰しも、考えることは同じなんでしょうね。

そんな中くまちょむが敢えて僕のシミュレーターを使ってくれている理由は、うーん、結局本人からは聞いていないんですが、何なんでしょうね。多分、エディターでツモパターンを置いていくときに、テンキーだけでごりごり入力できる点でしょうか。マウス入力オンリーだとどうしても時間がかかりますし。

バージョンアップするの?

なんとか昔のソースコードは掘り起こせましたが、MFCのままバージョンアップさせる気は無いっす。っていうか、今風に書き換える気力も無いっす。

近年の高性能なシミュレーター作者さん達なら、ここにちょちょいとキーボード入力を追加することくらいすぐだと思うので、誰か要求仕様をくまちょむからヒアリングして、イイものを作ってあげてください。

ぼく、他力本願おじさん。

スポンサーリンク